カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

ばんえい競馬

今日、清水町観光協会の視察の一環で、(社)ばんえい競馬馬主協会が企画の『ぽかぽか♪まんぞくバスツアー』に参加し、帯広競馬場に行ってきました。

一般の人が入ることの出来ないバックヤードを見て回るバックヤードツアーもあり、大変興味深く見学してきました。

初心者に馬券の買い方などを丁寧に教えてくれるコーナーもあり、100円から買えるので、ちょっといたずらに買ってみたり、併設された「十勝村」で買い物したレシートで馬券を貰えるサービスがあったりと、はじめての競馬場でとても楽しむ事が出来ました。

ご存じの通り、帯広以外のばんえい競馬は無くなってしまい、ばんえい競馬を見れるのは帯広だけになってしまいましたが、それでも存続するのが大変な状況です。そのため、なんとかお客さんを増やそうと努力している姿が感じられました。

私たちも、清水町で頑張らなきゃと思った次第です。

大石

「ジンギスカン」

こないだテレビの「ケンミンショー」の再放送を見ていたら、「ジンギスカン」が話題になっていました。

子供の頃、家が商売で忙しかったので「豚丼」と「ジンギスカン」をよく夕食で食べました。
「ジンギスカン」は母が野菜とかを切っておいてくれて、弟と二人で焼いて食べました。
今の時代、牛肉で焼肉ですが、私が小さい頃は豚のすき焼きか、マトンかラムのジンギスカンでした。

テレビでも紹介されてましたが、「ジンギスカン鍋」で食べてました。
真ん中が盛り上がった鍋。
その真ん中のてっぺんに味付けの肉を載せ、下に野菜を置く。
肉についてるたれが下に落ち野菜と絡む。
特に長ねぎが美味しかったぁ。
そして、最後にうどんをいれる。
父が一緒に食べる時は、日本酒もジンギスカン鍋に入れてました。

今、我が家ではホットプレートで焼いて食べています。
肉も野菜の水分と一緒になって昔ほど美味しくはありません。

ジンギスカン鍋は洗うのがたいへんと言う理由があって使われなくなっています。
でも、もう一度「辻屋精肉店」の「ジンギスカン」を「ジンギスカン鍋」で食べてみようと思っています。

只野

「雪」

今年の清水は雪が少ないほうです。
 
テレビのニュースを見ていると札幌や東北、北陸、山陰の日本海側は凄く雪が多いようです。
雪の事故も多いし、雪が多いと買い物なども大変だろうし、そうなると店屋も売れなくて困ってるだろうなと考えてしまいます。
 
清水では困っている業者は建設関係だと聞きます。
雪が少ないので除雪作業の仕事がなく困っているという話を聞きます。
雪もそれぞれにほどほどに降ってくれればいいんですけど。
 
まぁ、自然相手にそんな都合良くいくわけないのですから、上手に生きていくように考えていこうと思います。
 
只野

ホームページをリニューアルしました。

【十勝清水ふるさと直売所】のホームページを立ち上げて4年、お客様によりお買物がし易くなるよう、リニューアルいたしました。
いままで、送料の計算や、クレジットカードの情報入力など、ご注文時に出来なかったものが、ご注文時にすべて出来るようになったり、会員登録して頂くことで、次回以降の情報入力を省略できるようになりました。
これからも、よりご利用しやすいホームページになるよう改善していきますので、皆様のご利用をお待ちしております。

ホームページ担当 大石